NTT Com、中国向けショートメッセージサービス「メール通」に中国語翻訳機能を追加 | RBB TODAY

NTT Com、中国向けショートメッセージサービス「メール通」に中国語翻訳機能を追加

エンタープライズ モバイルBIZ

「メール通」簡易翻訳システムイメージ
  • 「メール通」簡易翻訳システムイメージ
  • 画面遷移イメージ
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4日、日本の携帯電話から中国の携帯電話へのショートメッセージサービス(SMS)に送信できる「メール通」サービスにおいて、中国語翻訳機能を5日より追加すると発表した。

 メール通は、iモード・EZweb・Yahoo!ケータイの公式サイト「Cafe China」(月額料金315円)で提供されているサービス。従来はメッセージ入力に漢字と英数字しか使えなかったが、今回の機能追加により、日本語で入力したメッセージ本文を中国語に自動翻訳し、中国側の携帯電話に送信できるようになっている。

 同社では本機能について、「中国語が分からなくても、中国側の携帯電話利用者との間で、携帯電話のメッセージによるコミュニケーションが可能となります」と発表している。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top