BBモバイルポイント、東京大学医学部附属病院にて外来者向けサービスとして提供 | RBB TODAY

BBモバイルポイント、東京大学医学部附属病院にて外来者向けサービスとして提供

 ソフトバンクテレコムが運営する公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」は24日、東京大学医学部附属病院(東京都文京区)において同サービスを導入したと発表した。

ブロードバンド その他
 ソフトバンクテレコムが運営する公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」は24日、東京大学医学部附属病院(東京都文京区)において同サービスを導入したと発表した。

 今回の導入は、病院来訪者へのサービス向上の一環として行われたもので、外来受付・待合を中心としたエリアにBBモバイルポイントが設置された。同病院ではこれにより、外来患者や入院患者のお見舞いなどの来訪者は、PCなど個人所有の無線LANインターネットに接続できる端末を使用して、待合や会計時などの時間を有効活用できるようになるとしている。

 なお同社の発表によると、無線LANシステムはこれまで病棟に診療用ネットワークとして導入されている実績があり、医用電気機器へ影響をおよぼしたことはないほか、心臓ペースメーカーなどの植込み型医療機器も、体付近に電波を受信する端末を密着しなければ、基本的に影響をおよぼさないとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top