サン、AMD Opteronプロセッサ搭載のテレコム市場向け「Netra X4200 M2サーバ」 | RBB TODAY

サン、AMD Opteronプロセッサ搭載のテレコム市場向け「Netra X4200 M2サーバ」

エンタープライズ その他

 サン・マイクロシステムズは24日、テレコム市場向け「Netra」サーバ製品群の新製品として、AMD Opteronプロセッサを搭載した「Netra X4200 M2サーバ」の発売を発表した。
  •  サン・マイクロシステムズは24日、テレコム市場向け「Netra」サーバ製品群の新製品として、AMD Opteronプロセッサを搭載した「Netra X4200 M2サーバ」の発売を発表した。
  •  サン・マイクロシステムズは24日、テレコム市場向け「Netra」サーバ製品群の新製品として、AMD Opteronプロセッサを搭載した「Netra X4200 M2サーバ」の発売を発表した。
 サン・マイクロシステムズは24日、テレコム市場向け「Netra」サーバ製品群の新製品として、AMD Opteronプロセッサを搭載した「Netra X4200 M2サーバ」を発売したと発表した。価格は159万5,000円から。出荷開始は本年5月下旬を予定している。

 Netraファミリは通信事業者の局舎環境での使用を考慮したサーバ製品群だが、「Netra X4200 M2サーバ」はラックマウント形状のNetraサーバとして初めて64ビット対応の「AMD Opteronプロセッサ」を搭載し、Solaris 10オペレーティングシステムをはじめ、Linux、Microsoft Windows Serverなどオペレーティングシステムの選択肢を提供。

 また、ハードウェアとしてはAMD Opteronモデル2214 HEプロセッサを最大2個、メモリは32Gバイトまで搭載可能。標準で4つのギガビット・イーサネットを備え、拡張用に3つのPCI-Xスロットと1つのPCI Expressスロットがある。サイズは奥行きが約52cm未満とコンパクトな設計になっており、従来の通信装置の設置に使用されていた比較的奥行きの浅い(60cm程度)標準的な通信事業者用ラックに適合するよう設計されているという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top