【NAB 2007 Vol.3】アップル、ビデオ制作の生産性を向上させるサーバ製品「Final Cut Serever」を発表 | RBB TODAY

【NAB 2007 Vol.3】アップル、ビデオ制作の生産性を向上させるサーバ製品「Final Cut Serever」を発表

IT・デジタル その他

発表会開始30分前からこんなに盛況
  • 発表会開始30分前からこんなに盛況
  • 発表会場は空席がないほどで、注目の高さが伺える
  • Final Cut Serverのリリースにどっと歓声が上がった
  • メディアアセット管理機能:確認用のサムネールと作業用の低解像度クリップ生成、強力な検索機能、アクセス制御が可能
  • ワークフロー自動化機能:カスタマイズ可能なワークフローのテンプレートが用意されており、これを利用すればプロジェクト管理が容易になる
 米アップルは15日(現地時間)、ラスベガスで開催中のNAB 2007で「Final Cut Serever」を発表した。Final Cut Sereverは、アップルのノンリニアビデオ編集ソフト「Final Cut Studio 2」のユーザ向けに「メディアアセット管理機能」と「ワークフロー自動化機能」の2つの機能を備えた製品である。

 同社アプリケーションプロダクト担当バイスプレジデントのロブ・シェーベン氏は、「Final Cut Serverのメディアアセット管理機能によって、作業が簡素化される。さらに、ワークフロー自動化機能によって、組織全体を通じたプロジェクトの流れがスムーズになり、各人の生産性を向上させることができる」とアピールした。

 つまり、Final Cut Sereverを使えば、複数人で進めていたビデオ制作の確認や承認手順をネットワーク越しにできるようになるほか、個々の作業過程を管理することができるため、作業の効率化に繋がるのだ。なお、Final Cut Serverに対応するクライアントは、複数のOSをサポートしており、MacだけでなくWindowsでも動作する。Final Cut Serverの価格は、1サーバ/10クライアントライセンス版が118,000円、1サーバ/アンリミテッドクライアントライセンス版が238,000円。いづれもアップルのオンラインストアもしくは、
アップル直営店、アップル製品取扱販売店にて今夏より発売予定。
《工藤めぐみ(たべらぶ)》

関連ニュース

特集

page top