富士通、型番未公表のCore 2 Duo搭載モデルを含めた法人向けノートPCをラインアップ | RBB TODAY

富士通、型番未公表のCore 2 Duo搭載モデルを含めた法人向けノートPCをラインアップ

IT・デジタル ノートPC

 富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
  •  富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
 富士通は12日、法人向けノートPC「FMV-LIFEBOOK」のラインアップを一新すると発表した。発表されたのは、「H」「E」「C」「S」「B」「Q」シリーズとSOHOや個人事業主向けのバリューシリーズ。
 
 今回発表されたモデルは従来同様BTO対応で、全モデルでOSにWindows Vista Business搭載が可能。機能面ではビジネスモデルとして、Qシリーズ以外のモデルで暗号化機能付きHDDを搭載できるようになっている。
 
 また、HシリーズやEシリーズなどのいくつかのモデルでは、型番が公表されていないCore 2 Duoを搭載するモデルがラインアップされており、今後正式に発表されることが予想される。

●Hシリーズ
 A4サイズのノートPCシリーズで、「FMV-H8240」が発表された。ディスプレイは15.4型ワイド液晶で、解像度は1,920×1,200ピクセル(UXGA)。

 基本構成でメモリは1GB、HDDは60GB、光学ドライブはCD-ROMドライブを搭載。CPUは型番未公表のCore 2 Duoで、詳細は不明。
 
 基本構成価格は351,750円から。出荷開始は6月。
 
●Eシリーズ
 A4サイズのノートPCシリーズで、型番未公表のCore 2 Duo搭載の「FMV-E8240」とCeleron M 430(1.73GHz)搭載の「FMV-E8140」が発表された。ディスプレイは15.4型ワイド液晶で、解像度は1,280×800ピクセル(XGA)。同サイズで、1,680×1,050ピクセル(WSXGA+)液晶も選択可能。

 基本構成は両モデル共通で、メモリは1GB、HDDは40GB、光学ドライブはCD-ROMドライブを搭載。
 
 基本構成価格はFMV-E8240が228,900円からで、出荷開始は5月。FMV-E8140が195,300円からで、出荷開始は5月下旬。
 
●Cシリーズ
 A4サイズのノートPCシリーズで、「FMV-C8240」が発表された。ディスプレイは15型液晶で、解像度は1,024×768ピクセル(XGA)。こちらも同サイズで1,400×1,050ピクセル(SXGA+)液晶も選択可能となっている。

 基本構成はメモリは1GB、HDDは40GB、光学ドライブとしてCD-ROMドライブを搭載するほか、FDDを備える。CPUはCeleron M 430(1.73GHz)やCore 2 Duo T7400(2.16GHz)などから選択できる。
 
 Celeron M 430を搭載した際の基本構成価格は172,200円から。Core 2 Duo T7400搭載の場合は286,650円から。出荷開始は5月中旬。
 
●Sシリーズ
 Sシリーズは14.1型液晶搭載の「FMV-S8245」、13.3型ワイド液晶搭載の「FMV-S8340」、13.3型液晶搭載の「FMV-S8240」をラインアップしたモバイルノートPCシリーズ。

 FMV-S8245は基本構成で、メモリは1GB、HDDは40GB、光学ドライブは非搭載。液晶の解像度は1,024×768ピクセル(XGA)。同サイズで1,400×1,050ピクセル(SXGA+)液晶も選択可能。CPUはCeleron M 430(1.73GHz)やCore 2 Duo T7200(2GHz)などから選択可能。Celeron M 430を搭載した際の基本構成価格は213,150円から。Core 2 Duo T7200搭載の場合は264,600円から。出荷開始は5月中旬。
 
 FMV-S8340も基本構成は同様で、CPUが型番未公表のCore 2 Duoとなっている。液晶の解像度は1,280×800ピクセル(XGA)。基本構成価格は221,550円から。出荷開始は6月。
 
 FMV-S8240も基本構成は同様で、CPUがCeleron M 430(1.73GHz)となっている。液晶の解像度は1,024×768ピクセル(XGA)。基本構成価格は204,750円から。出荷開始は5月中旬。
 
●Bシリーズ
 B5ファイルサイズのモバイルノートPCシリーズで、「FMV-B8240」が発表された。ディスプレイは12.1型で、解像度は1,024×768ピクセル(XGA)。本体には指紋センサーを搭載する。

 CPUは超低電圧版Celeron M 423(1.06GHz)と超低電圧版Core Solo U1400(1.2GHz)から選択可能。Celeron M 423を選択した場合の基本構成は、メモリが1GB、HDDが40GB、光学ドライブは非搭載。基本構成価格は202,650円で、出荷開始は5月中旬。
 
●Qシリーズ
 12.1型ワイド液晶搭載のモバイルノートPCで、「FMV-Q8240」が発表された。液晶の解像度は1,280×800ピクセル(XGA)。こちらも指紋センサーを搭載している。

 基本構成で、CPUはCore Solo U1400(1.2GHz)、メモリは1GB、HDDは20GB、光学ドライブは非搭載。基本公正価格は266,700円からで、出荷開始は5月下旬。
 
●FMVバリューシリーズ
 SOHOや個人事業主向けのラインアップと位置づけられている。「A」シリーズの「FMV-A6240」とCシリーズの「FMV-C6240」がラインアップされている。

 FMV-A6240は15.4型ワイド液晶搭載のノートPC。ディスプレイの解像度は1,280×800ピクセル(XGA)。基本構成で、メモリは512MB、HDDは40GB、光学ドライブはDVD-ROM&CD-R/RWドライブを搭載。CPUはCeleron M 430(1.73GHz)とCore 2 Duo T5500(1.66GHz)から選択可能。Celeron M 430選択時の基本構成価格は100,000円から。出荷開始は4月中旬。
 
 FMV-C6240は、15型液晶搭載のノートPC。ディスプレイの解像度は1,024×768ピクセル(XGA)。基本構成で、メモリは512MB、HDDは40GB、光学ドライブはCD-ROMドライブを搭載。また、FDDも標準搭載する。CPUはCeleron M 430(1.73GHz)とCore 2 Duo T5500(1.66GHz)から選択可能。Celeron M 430選択時の基本構成価格は94,000円から。出荷開始は4月中旬。
《小林聖》

特集

page top