日本HP、最大12個の内蔵HDDを搭載可能な薄型サーバを発売 | RBB TODAY

日本HP、最大12個の内蔵HDDを搭載可能な薄型サーバを発売

エンタープライズ ハードウェア

HP ProLiant DL320s
  • HP ProLiant DL320s
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5日、高さ約9cmの薄型の外装に、最大12台のHDDを搭載できる、新コンセプトのx86サーバ「HP ProLiant DL320s」および同サーバに「Windows Storage Server」をプリインストールしたファイルサーバ専用機「HP ProLiant DL320s Storage Server」を4月下旬に発売すると発表した。価格はDL320sが394,800円、DL320s Storage Serverが819,000円からとなっている。

 DL320sは、最新のデュアルコア・プロセッサー「Xeon 3060」を搭載する1プロセッサのラックマウント型サーバ。同社では「高い演算性能は必要としないものの、データ入出力に適したCPU性能と大容量のディスク領域を必要とするシステム」の需要にこたえる製品としている。

 今回、従来モデル「HP ProLiant DL320」に最大容量9Tバイト(SATA HDD搭載時)のストレージ「HP StorageWorks MSA60」を組み合わせた設計で、3U(約13cm)で実現していた機能を、2U(約9cm)の高さに収納。また、標準でHDDのデータ保護に役立つRAIDコントローラ「Smartアレイ P400i/256」を搭載しているのが特徴となっている。
《村上幸治》

特集

page top