ナチス占領下で懸命に生きる子供たちを描く「ぼくの神さま」 | RBB TODAY

ナチス占領下で懸命に生きる子供たちを描く「ぼくの神さま」

エンタメ 映画・ドラマ

「ぼくの神さま」(2001年/アメリカ/98分)
  • 「ぼくの神さま」(2001年/アメリカ/98分)
 GyaOは1日正午に、映画「ぼくの神さま」の配信を開始した。

 「ぼくの神さま」(2001年/アメリカ/98分)は、1942年ナチス占領下のポーランドの小さな村を舞台に、ナチスの恐怖を感じながらも懸命に生きる11歳のユダヤ人少年ロメックや友人たちなど、子ども達のけなげな姿を描いた感動作品。

 主人公に天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメント(シックス・センス)、共演にW・デフォー(プラトーン)が出演。感動的なラストシーンでH・J・オスメントに匹敵するほどの演技を見せる子役リアム・へスの演技も見どころだ。監督・脚本はユレク・ボガエヴィッチ。音楽はジャン・A・P・カズマレック。

 公開は5月1日正午まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top