【東京国際アニメフェア】やわらか戦車史上最大の戦い〜関連グッズが続々登場 | RBB TODAY

【東京国際アニメフェア】やわらか戦車史上最大の戦い〜関連グッズが続々登場

エンタメ その他
「livedoor ネットアニメ」のプロデューサー辻勝明氏(左)と、ファンワークス代表取締役の高山晃氏
  • 「livedoor ネットアニメ」のプロデューサー辻勝明氏(左)と、ファンワークス代表取締役の高山晃氏
  • やわらか戦車の主題歌をリミックスした曲を集めたミニアルバムがこの夏に登場
  • トンガリキッズのニポポ氏は初顔出し!?
 ファンワークスは22日、東京ビッグサイトにて開催中の「東京国際アニメフェア」の特設会場にて、「やわらか戦車史上最大の戦い」と題した記者発表会を実施した。

 会見には、ファンワークス代表取締役の高山晃氏と、ライブドアのプロデューサー辻勝明氏の2人が出席。まず始めに、「やわらか戦車」の「livedoor ネットアニメ」での配信実績が発表された。それによると、これまで公開された作品は9作であるが、すでに1,500万視聴を突破したということで、改めてその人気の高さに驚かされた。

 続いてDVDや公式ガイドブックなどが紹介された。21日に発売されたDVD「やわらか戦車 The Legend of Yawaraka Tank」(2,940円)には、ネット上では最新作となる第9作の直接的な続編がDVDオリジナルで収録、そのほかさまざまな特典が用意されているという。また、著・編/やわらか戦車連合軍による、公式ガイドブック「Web2.0発エンタメ・ビジネス戦記 やわらか戦車流」(1,500円)が30日に講談社から発売される。同書は、インディーズアニメから始まり、グッズ、着メロ、DVDまで様々なジャンルに進出する「やわらか戦車」の軌跡が、関係者の証言と豊富な図解で解説される内容となっている。

 このほかにも、SNS「posh me!」内の音楽投稿ページで開催の「やわらか戦車remix CDコンテスト」の上位入賞作品と、「トンガリキッズ」のヴォーカル・ニポポ氏や「太郎」などプロのアーティスト数名による作品を収録したミニアルバムが7月上旬に発売。ショウワノートのキャラクター文具「ステーショナリーシリーズ」や、4月中旬発売予定の「やわらか戦車シールブック」、6月以降に展開予定の「ご当地やわらか戦車」などが紹介された。なお、タカラトミーは、世界初の退却するチョロQを企画中とのことでこちらにも期待したい。

 またキッズ戦略にも力が入れられていくようで、「やわらか戦車クレイアニメワークショップ for KIDS」が、4月21日〜22日の2日間、慶應義塾大学三田キャンパス東館にて開催される。これは、小学校3年生から6年生を対象に、子どもたちの創造する力を応援し、クリエイターの裾野を広げるために実施されるもの。「やわらか戦車」を題材に、キャラクター作りやストーリー制作、撮影、編集までデジタルとアナログの両方の本格的な制作工程を体験でき、完成した作品は「livedoor ネットアニメ」などで配信される予定だ。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top