NEC、世界最小一芯双方向光伝送トランシーバモジュール | RBB TODAY

NEC、世界最小一芯双方向光伝送トランシーバモジュール

 NECは、3月14日、世界最小となる光トランシーバモジュールを開発したと発表した。

エンタープライズ その他
 NECは、3月14日、世界最小となる光トランシーバモジュールを開発したと発表した。
  •  NECは、3月14日、世界最小となる光トランシーバモジュールを開発したと発表した。
 NECは、3月14日、世界最小となる光トランシーバモジュールを開発したと発表した。

 これは、SFP、SFFといった小型トランシーバモジュールの規格の外形を持ち、一芯で双方向通信が可能なものでは、世界最小となっている。発表したモジュールは2種類で、Compact SFPは、2チャンネル分のトランシーバを収容するタイプで、2チャンネルともに双方向通信に対応している。Compact SFFは、1チャンネル分を収容するモジュールだが、一芯双方向のため、従来品より半分のサイズになっている。そのためSFFタイプは、モジュールを組み合わせることにより、2チャンネル、4チャンネルとマルチチャネル化することができる。

 NGN、リッチコンテンツとニーズが高まる光ファイバーネットワークだが、光通信の場合、ユーザと収容局は1:1で接続する必要がある。そのため、収容局の光アクセスシステムには、契約者数と同じかそれ以上の接続口(トランシーバモジュール)が必要となる。小型で双方向が可能なモジュールは、装置の小型化に不可欠だ。このような小型トランシーバモジュールは、2007年2月に東京ビッグサイトで開催されたFOE 2007で、NECのほか、富士通なども参考出品していた。

 NECでは、6月から出荷を開始する予定で、2007年度の販売目標は3億円としている。販売価格は未定だが、既存のモジュール製品と同等の価格を目指しているとのことだ。
《中尾真二》
page top