KDDI、四国および九州エリア限定の広域イーサネットサービス | RBB TODAY

KDDI、四国および九州エリア限定の広域イーサネットサービス

ブロードバンド その他
 KDDIは13日、四国エリア内イーサネットサービス「KDDI Area Ethernet(STNet)」、「KDDI Area Ethernet専用サービス(STNet))」、および九州エリア内イーサネットサービス「KDDI Area Ethernet (QTNet)」の提供を開始した。

 同社では、低廉な価格で提供する地域内イーサネットサービスを関西エリアにおいて、1月より提供しているが、今回、STNetと九州通信ネットワーク(QTNet)のサービスを提供することにより、四国と九州に提供エリアを拡張するものだとしている。

 KDDI Area Ethernetは、STNet/QTNet各社が構築している高信頼・高品質なレイヤ2スイッチや光ファイバーを使用した広域イーサネット網サービスで、エリア内および各県内で終始するネットワーク構築に適しているという。

 一方のKDDI Area Ethernet専用サービスは、STNetが構築している高信頼・高品質な光ファイバーやネットワークを使用したイーサネットインターフェースの専用線サービスで、KDDIが指定するサービス取り扱い局折返し構成となる。

 なお、STNetは四国4県(香川県、高知県、徳島県、愛媛県)、QTNetは九州7県(福岡県、佐賀県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、大分県、長崎県)を提供エリアとしているが、いずれも離島は提供エリアの対象外となっている。
《村上幸治》

特集

page top