デルとマイクロソフト、日本SOX法に対応可能なメールソリューションを提供 | RBB TODAY

デルとマイクロソフト、日本SOX法に対応可能なメールソリューションを提供

エンタープライズ その他

 デルとマイクロソフトは28日、「Microsoft Exchange Server 2007」によるアーカイブおよびディザスタリカバリ(災害復旧)に関する共同検証を完了し、ソリューションパッケージとしてデルより提供を開始すると発表した。

 今回提供されるソリューションの主な対象は、2009年3月期決算から導入される日本版SOX法への対応を目指す企業や団体など。Exchange Server 2007を導入することにより、メールシステムのパフォーマンスや可用性の向上を図りつつ、組織におけるコンプライアンスの強化が実現できるとしている。

 また、本ソリューションパッケージは、デルの技術コンサルティング部門であるデル・プロフェッショナル・サービス事業部(DPS)が窓口となり、導入前のコンサルティングから設計、システムのサイジング、構築、保守までを一括して担当。新規導入だけでなく既存のExchange Serverからのアップグレードや、「Lotus Notes/Domino」など、ほかのプラットフォームからの移行にも対応可能だという。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top