アイ・オー、フルHDコンテンツ対応Vista世代の液晶ディスプレイなど2機種 | RBB TODAY

アイ・オー、フルHDコンテンツ対応Vista世代の液晶ディスプレイなど2機種

IT・デジタル ノートPC

LCD-TV241XBR-2
  • LCD-TV241XBR-2
  • LCD-TV241XBR-2付属のリモコン。ワンタッチで入力ソースの切り替えが可能。
  • 内覧会ではXbox360が接続され、映像デモが流された。
内覧会に出品された製品は光沢のある筐体となっていたが、製品版では反射や映り込みに配慮して光沢のない素材を使用する。
  • LCD-AD191X2
  • 内覧会ではBlu-ray Discプレーヤーが接続されていた。
 アイ・オー・データ機器は21日、24.1型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-TV241XBR-2」と19型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD191X2」を発表した。ともに3月上旬発売で、価格はLCD-TV241XBR-2が12万2,000円。LCD-AD191X2の価格はオープンで、予想実売価格は39,800円。
 
 両機種は、Windows Vistaの動作認定基準をパスした商品に与えられるプレミアムロゴを取得しており、今後提供されるVistaのコンテンツに対応するものとなっている。

 LCD-TV241XBR-2は、同社のLCD-TV241XBRの後継機にあたり、WUXGA(1,920×1,200)解像度に対応、D4端子によるハイビジョン映像入力やHDCP対応DVI-D端子でのBlu-ray Discなどの著作権保護機能つきフルHDコンテンツの再生をサポートしている。そのほか、アナログRGBのD-Sub、Sビデオ/コンポジット、TVアンテナといった入力端子を搭載。付属のリモコンからワンタッチで入力ソースを切り替えられる。ディスプレイ右下に設置されたOSD操作部は、ボタンレスのタッチセンサー式を採用。

 また本モデルでは、Xbox 360の解像度に対応しており、別売りの「Xbox360 VGA HD AVケーブル」で接続することで、1,920×1,080ドットのサイズで映像出力が可能だ。1台のディスプレイでPCやDVDからゲームまでフルに楽しみたいユーザーにはうれしい仕様といえるだろう。

 本体サイズは、スタンド込みで幅566×高さ418〜488×奥行き228mm、重さ10.8kg。視野角は上下左右89度、応答速度は6m/秒、最大輝度は500cd/m2、コントラスト比は1,000:1。カラーはブラックのみで、映り込みに配慮して筐体はつやなしの素材を採用している。

 LCD-AD191X2は、グレア(光沢)パネルを採用した19型ワイド液晶。アスペクト比固定拡大機能を搭載しており、ワイド以外の映像もバランスを崩さず表示可能だ。
 
 入力はアナログRGBのD-Sub端子のほかにHDCP対応DVI-D端子をサポートしており、こちらもBlu-ray Discなどの著作権保護つきコンテンツをハイビジョンで楽しめる。

 本体サイズは、スタンド込みで幅451×高さ371×奥行き191、重さは4.8kg。視野角は上下左右89度、応答速度は5m/秒、最大輝度は330cd/m2、コントラスト比は1,000:1.カラーはホワイトとブラックの2色を用意している。
《》

関連ニュース

特集

page top