KDDI、電力系通信会社と共同で広域イーサネットを開始 | RBB TODAY

KDDI、電力系通信会社と共同で広域イーサネットを開始

エンタープライズ その他

 KDDIは15日、関西エリア内の広域イーサネットサービス「KDDI Area Ethernet(K-OPT)」および「KDDI Area Ethernet専用サービス(K-OPT)」を本日から開始した。ケイ・オプティコムのバックボーンやアクセスラインを利用したもの。今後、ほかの地域でも電力系の通信会社と共同で進めていく。

 エリアは、 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県の各一部


 KDDIでは、全国の拠点間を結ぶサービスとして広域イーサネットサービスとしてKDDI Powered Ethernet」及び「KDDI Ether-VPN」を提供している。今回開始されたサービスでは、エリアを関西に限定することで、料金が安価に設定されている。

 KDDI Area Ethernet(K-OPT)では、アクセスラインとして、イーサネット、NTTの高速ディジタル回線、ADSLが用意されており、通信速度は128kbp〜12Mbps。一方のKDDI Area Ethernet専用サービス(K-OPT)は、0.5Mbpsから10Gbpsまで。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top