「アイドルマスター XENOGLOSSIA」待望のアニメ化、ネット配信も | RBB TODAY

「アイドルマスター XENOGLOSSIA」待望のアニメ化、ネット配信も

エンタメ その他

 ニフティは14日、同社が運営するアニメーションコミック情報サイト「アニメ@nifty」の特設ページにて、「アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」の配信を4月より行うことを、ガンダムなどの制作で知られたアニメ制作会社サンライズと共同で発表した。

 配信は、各話のテレビ放送が終了後に行われることになる。配信方法はストリーミングで、配信帯域は500kbpsおよび1Mbps、配信携帯はWindowsMedia形式だ。各話1週間無料配信を行ったあと、有料配信に切り替わる形だ。無料配信の時点では、@niftyの会員以外でも視聴可能となっている。

 「アイドルマスター XENOGLOSSIA(ゼノグラシア)」は、本年4月よりUHF局形ほかで放送予定の作品。アーケード版ならびにXbox 360用ソフトとして人気を博している、アイドルプロデュースゲーム「THE IDOLM@STER」(バンダイナムコゲームス)をベースに、設定やストーリーを大幅にアレンジした、アニメオリジナル企画。XENOGLOSSIAとは、要請や精霊という意味とのことである。主に、「舞-HiME」「舞-乙HiME」を手がけたスタッフが参加しているのが特徴だ。

 ストーリーは、ロストアルテミスと呼ばれる月の崩壊から、100年余りが経過した復興歴107年の地球を舞台に繰り広げられる。地球には、砕けた月のかけら=ドロップが降ってくるのだが、その被害を防ぐべく、「iDOL=隕石除去人型重機」が活動していた。しかし、iDOLを操縦できるのは、選ばれた少女たち「アイドルマスター」のみ! 彼女たちは、毎日学校に通いながらも、iDOLに搭乗し、地球に降りそそぐ隕石を大気圏外で破砕していく。ヒロインたちは、iDOLとどんな出会いをし、どんなアイドルマスターに成長していくのか? 巨大ロボットと少女たちが紡ぎだす新たなストーリーを見届けよう。

 なお、ナムコ直営店「ナムコ ワンダーパークヒオーズベース」(JR川崎駅隣接のラゾーナ川崎プラザ内)にて、3分30秒のスペシャルプロモーション映像を上映中。気になる人はいち早くチェックしに行ってみよう。
《デイビー日高》

関連ニュース

特集

page top