東芝、Windows Vista搭載のWebオリジナルノート3機種 | RBB TODAY

東芝、Windows Vista搭載のWebオリジナルノート3機種

IT・デジタル ノートPC

dynabook Satellite TXW
  • dynabook Satellite TXW
  • dynabook Satellite CXW
  • Qosmio F30W/87AW
 東芝は26日、Webオリジナルノートの新ラインアップとして、Windows Vistaを搭載した「dynabook Satellite TXW」「dynabook Satellite CXW」「Qosmio F30W/87AW」の3シリーズを発表した。注文の受け付けは、1月29日の10時から。

 dynabook Satellite TXWシリーズは、15.4型ワイド液晶ノート「dynabook Satellite AW6」シリーズの後継機種で、OSにWindows Vista Home Premiumを採用。グラフィックス強化モデルでは、CPUがCore 2 Duo T7200(2GHz)、グラフィックスチップはGeForce Go 7600(256Mバイトビデオメモリ)となる。メモリ容量は1Gバイトまたは2Gバイト(1Gバイト×2)を選択可能だ。価格は、グラフィックス強化モデルが189,800円から、デュアルCoreモデルが159,800円から、Celeronモデルが139,800円から。

 dynabook Satellite CXWは、Webオリジナルのコンパクトノート。OSにWindows Vista Home Basicを採用し、CPUがCeleron M 430(1.73GHz)で、14.1型WXGA液晶ディスプレイを搭載する。メモリ容量は512Mバイトまたは1Gバイト、Office Personal 2007 with Office PowerPoint 2007プリインストールモデルも用意する。価格は、Celeronモデルが112,800円から。

 Qosmio F30W/87AWは、AVノート「Qosmio」シリーズのWebオリジナルモデル。Windows Vista Home Premiumをプリインストールし、15.4型WXGA高色純度・高輝度液晶を採用。主なスペックは、CPUにCore 2 Duo T7200(2GHz)を搭載し、メモリは2GB(1GB×2)、グラフィックスチップはGeForce Go 7300となる。地上デジタルTVチューナーを内蔵するほか、地上デジタル放送専用の室内アンテナが付属する。価格は247,800円。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top