台湾沖地震による日本〜東南アジアの通信障害はほぼ復旧 | RBB TODAY

台湾沖地震による日本〜東南アジアの通信障害はほぼ復旧

ブロードバンド その他

 2006年12月26日に台湾南西沖にて発生した地震により、日本と東南アジアの通信に障害が発生していたが、各社ともほぼ復旧した。KDDIは11日、ソフトバンクテレコムは12日、NTTコミュニケーションズは16日にそれぞれ復旧を発表した。

 しかし、地震により影響を受けた海底ケーブルの修理は終わっておらず、いずれも迂回による仮復旧という状態。一部のサービスでつながりにくかったり、輻輳の可能性があるとしている

 破損した海底ケーブルだが、1月末から2月にかけて修理が実施される予定。これにより完全な復旧となる。
《安達崇徳》

特集

page top