AMD、ATX仕様に代わる省スペース型デスクトップPC向け「DTX仕様」の策定を発表 | RBB TODAY

AMD、ATX仕様に代わる省スペース型デスクトップPC向け「DTX仕様」の策定を発表

IT・デジタル ノートPC

 米AMDは10日(現地時間)、スモールフォームファクターPCの普及を可能にするオープンスタンダード「DTX仕様」の策定を発表した。DTX仕様は、ATXインフラと、コスト効率や豊富なシステム選択肢、後方互換性といった既存のATXの利点を生かしつつこれまでにない新たなPC設計を可能にするもので、2007年第1四半期に評価版を発表する予定だとしている。

 同社ではDTX仕様策定の狙いを、OEM/ODMや部品ベンダー各社とエンドユーザー双方にメリットをもたらすエコシステム内の共通要素を活用しながら、より小型で静穏化に優れた省スペース型デスクトップPCの革新的なソリューションを市場投入できるようにすることにあるとしている。

 DTX仕様は、低消費電力のCPUに包括的に採用できるように設計されるもので、最適に設計されたスモールフォームファクタシステムでは、消費電力の低減と優れた静穏化が可能になるという。また、OEMメーカーも標準化によるコスト面のメリットを享受できるため、スモールフォームファクター市場は、近年ATX規格がデスクトップ市場にもたらしたものと同様のメリットを享受できる可能性があるとしている。
《村上幸治》

特集

page top