イー・モバイル、“通話とデータ通信で定額制を導入”の報道を否定 | RBB TODAY

イー・モバイル、“通話とデータ通信で定額制を導入”の報道を否定

ブロードバンド その他

 イー・モバイルは17日、通話とデータ通信において、定額制を導入することを明らかにした、との15日付の毎日新聞の報道を否定するコメントを発表した。

 同社は、2007年3月からHSDPAを採用したモバイルデータ通信を、2008年3月からは通話サービスを開始する予定。報道では、データ通信は月額1万円以下、通話はウィルコムと同額の月額2,900円程度だとしている。これに対して、イー・モバイルは「料金については一切、決定をしておりません」としている。

 ちなみに、過去の記者会見では、同社の代表取締役会長兼CEOである千本倖生氏が、「データ通信の定額を目指す」と述べているほか、2005年2月には「2006年、ケータイの料金を半分にしたい」といった新聞広告を掲載している。しかし、これまで定額制サービスを行うと明確に示したことや、具体的な料金は明らかにしていない。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top