ビクター、スピーカーとサブウーハー内蔵のAVラック「RK-AV1」 | RBB TODAY

ビクター、スピーカーとサブウーハー内蔵のAVラック「RK-AV1」

IT・デジタル その他

RK-AV1
  • RK-AV1
 日本ビクターは、AVラックにスピーカーとサブウーハーを搭載したラックシアター「RK-AV1」を12月上旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は7万円前後。

 RK-AV1は、5×4cmのフルレンジ密閉型コーンスピーカー2本と3段階のレベル調整が可能なパッシブラジエーター方式のサブウーハーを内蔵する。サブウーハーのレベルは前面のLEDで確認できるほか、テレビとRK-AV1はケーブル1本で接続可能だ。

 天板は高級感があるピアノ塗装を採用し、前面にはAUX端子を装備。無音状態が5〜10分続くと自動的に省電力モードに切り替わり、音声入力が開始されると電源が入る「オートパワーオン/オフ機能」が用意されている。

 サイズは1,153×478×395mm、重さは36kg。フロントスピーカーは5×4cmコーンスピーカー×2で最大入力は15W、定格インピーダンスは4Ω、再生周波数帯域は150〜20,000Hz。サブウーハーは15.5cmコーンスピーカー×1、21×14cmパッシブラジエーター×1で最大入力は30W、定格インピーダンスは3Ω、再生周波数帯域は30〜300Hz。アンプ部の実用最大出力は、フロントスピーカーが14W×2、サブウーハーが28W。入出力端子はAUX×2
音声入力×2、音声出力×1。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top