エプソン、Celeron MやCore Solo/Duoが選択可能な超小型デスクトップPC「Endeavor ST100」 | RBB TODAY

エプソン、Celeron MやCore Solo/Duoが選択可能な超小型デスクトップPC「Endeavor ST100」

IT・デジタル ノートPC

Endeavor ST100
  • Endeavor ST100
 エプソンダイレクトは、ノートPCの技術を取り入れることにより本体容積約2.7lの小型化を実現した超小型デスクトップPC「Endeavor ST100」を12月下旬に発売する。価格は最小構成で59,850円からとなっており、各種BTOに対応する。

 Endeavor ST100は、縦置き/横置きの両方に対応する超小型のデスクトップPC。ボディにはアルミダイキャストを使用するほか、シンプルな造形にプレミアムホワイトのカラーリングにより置き場所を選ばないのを特徴としている。また、静音性が高められており、動作音はノートPC並みの約22dB(最小構成・縦置き時)となっている。

 Endeavor ST100の主な仕様は以下のとおり。

●Endeavor ST100(最小構成時)
 CPU:Celeron M 410(1.46GHz)
  ※Core Solo T1300(1.66GHz)、Core Duo T5500(1.66GHz)/T7200(2GHz)/T7400(2.16GHz)/T7600(2.33GHz)が選択可能
 メモリ:256Mバイト ※最大2Gバイトまで選択可能
 HDD:40Gバイト(5400rpm、シリアルATA対応) ※80G/100G/160Gバイトが選択可能
 光学ドライブ:DVD-ROM&CD-R/RWコンボドライブ
  ※スーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み)、ドライブなしが選択可能
 グラフィックス:RADEON XPRESS 200Mチップセット内蔵
 OS:Windows XP Home Edition ※Windows XP Professionalが選択可能
 本体サイズ・重さ:幅75×高さ195×奥行き185mm、約2.3kg(最小構成時)
《村上幸治》

特集

page top