おおちと金剛地がエアギター頂上決戦〜骨折しても善戦!? | RBB TODAY

おおちと金剛地がエアギター頂上決戦〜骨折しても善戦!?

エンタメ その他

ダイノジおおち(2006年日本決勝大会優勝・世界選手権優勝)
  • ダイノジおおち(2006年日本決勝大会優勝・世界選手権優勝)
  • 金剛地武志(2006年日本決勝大会優勝・世界選手権5位)
  • 吉田カレー味(2006年日本決勝大会3位)
  • KOHSUKE(2006年大阪チャンピオン・日本決勝大会5位)
  • リッキー・マッケンジー(2006年日本決勝大会出場)
  • ゴー☆ジャス(2006年日本決勝大会出場)
  • 市川 the ROCK(2006年日本決勝大会出場)
  • 宮城マリオ(新宿のエアギターマスター)
 13日(月)、楽天オークションは東京・汐留のコンラッド東京にて、「第1回 楽オク・エアギターバトル エアネス2006」を開催した。

 このイベントは「楽天オークション」のサービス開始を記念して行われたもので、K-1のようにエアギターの腕前を1対1のバトル形式で競うというもの。2006年の世界選手権で1位に輝いたタレントのダイノジおおち、2004年、2005年の世界選手権で4位の第一人者、金剛地武志ら日本のトップエアギタリストたち8名が集結し、腕前を競い合った。審査員はミュージシャンの湯川トーベン氏、準ミス日本で医師の友利あらたさん、楽天オークションから栗田氏の3名だ。

 タレント東原亜希、かながわIQの2名のMCが登場し、対戦カードが発表された。第1回戦はリッキー・マッケンジー(2006年日本決勝大会出場)vs.ゴー☆ジャス(2006年日本決勝大会出場)、第2回戦は市川 the ROCK(2006年日本決勝大会出場)vs.宮城マリオ(新宿のエアギターマスター)、3回戦は鈴木礼央奈(今大会ラウンドガール)vs.志摩夕里加(今大会ラウンドガール)、4回戦は吉田カレー味(2006年日本決勝大会3位)vs. KOHSUKE(2006年大阪チャンピオン・日本決勝大会5位)。そしてファイナルバトルはダイノジおおち(2006年日本決勝大会優勝・世界選手権優勝)vs.金剛地武志(2006年日本決勝大会優勝・世界選手権5位)という夢の対決だ。

 ゴングとともにラウンドガールも登場し、個性的なエアギタリストたちがエアギターの妙技を披露しはじめた。プロレスラーらしくパワフルなロックスタイルのリッキー・マッケンジーにグラムロックテイストのゴー☆ジャスが善戦し、第1回戦はリッキー・マッケンジーが白星。の第2回戦は寺尾聡で勝負した市川 the ROCKにオーソドックスなロックスタイルで迎え撃った宮城マリオが勝利した。

 3回戦はラウンドガールを務める鈴木礼央奈と志摩夕里加がともにエアギター歴3日とは思えないテクニックを披露し、鈴木礼央奈が辛勝。お笑いテイストで沸かせた吉田カレー味とハードロック全開のKOHSUKEのセミファイナルバトルは吉田カレー味に軍配。ファイナルバトルは残念ながらダイノジおおちが足を骨折中で100%のプレイができないため、勝敗を決しないエキシビションマッチとなった。しかし、ダイノジおおちは骨折を感じさせない、文字どおり「血沸き肉踊る」チャンピオンのテクニックをパフォーマンスを披露。対する金剛地武志はこの世界の第一人者らしく、匠の技とも言える名人芸を惜しげもなく繰り出した。

 また、楽天オークション主催イベントということで、エアギタリストのチャリティオークションも行われる模様だ。ダイノジおおちからは「世界大会で使用し、3本目に折れたギター」「愛用の高価な靴」「トレードマークの虎模様のセーター」が、金剛地武志からは「今回頭に巻いたネクタイ」等のアイテムが提供されていた。

 イベントの最後は布袋寅泰のバンビーナが流れ、出場したエアギタリストをはじめ、審査員やMC、ラウンドガールの全員でエアギターのセッションが行われて幕を閉じた。
《野路敬生》

関連ニュース

特集

page top