第2次大戦前後のパリを舞台に描くラブロマンス「トリコロールに燃えて」 | RBB TODAY

第2次大戦前後のパリを舞台に描くラブロマンス「トリコロールに燃えて」

エンタメ その他

トリコロールに燃えて
  • トリコロールに燃えて
 無料ブロードバンド放送のGyaOは、シャーリーズ・セロンとペネロペ・クルスが共演した映画「トリコロールに燃えて」の配信を開始した。配信期間は12月10日(日)正午まで。

 「トリコロールに燃えて」は第2次大戦前後のパリを舞台に、時代に翻弄されながらも愛のため、大切なものを守ろうとした女性たちを描いたラブロマンスだ。

 美しく享楽的なバイセクシャルという設定が、当時のパリにうまく馴染んだ作品。またセロン、クルスの両俳優に加え、スチュアート・タウンゼントが彼女たちの強烈な存在を受けとめる役柄を好演している。監督・脚本はジョン・ダイガン。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top