国内のIPアドレスのうち3割はソフトバンクBBが保有 -サイバーエリアリサーチ調査 | RBB TODAY

国内のIPアドレスのうち3割はソフトバンクBBが保有 -サイバーエリアリサーチ調査

ブロードバンド その他

 サイバーエリアリサーチは2日、2005年に日本国内で利用されていたIPアドレスとホスト名の種類や利用状況の調査結果を発表した。

 同調査は、2005年5月23日から10月30日までに日本国内に割り当てられていた約1億3,000万IPアドレスについて、逆引きを行い、ホスト名を付与したデータを収録した同社発行の「日本国内ホスト名調査リスト2005」2005年11月版をベースにしたもの。

 トップレベルドメインのランキングでは、「.net」が約3,658万IPアドレスと全体の61%、第2位の「.jp」、第3位の「.com」と合計すると全体の約99.8%を占める。

 ドメインタイプ別では、「.net」が3,599万IPアドレス、「.ne.jp」が約1,664万IPアドレス、「.or.jp」が約209万IPアドレス、「.ad.jp」が約186万IPアドレス。内訳を見ると、「.net」アドレスはソフトバンクBBが所有する「bbtec.net」が全体の約60%となる約3,599万IPアドレスを占めている。企業ドメイン「.co.jp」の使用者上位3位は、富士フイルムの「fujifilm.co.jp」が約6.1万IPアドレス、イー・アクセスの「aol.co.jp」が約1.7万IPアドレス、ヤフーの「Yahoo.co.jp」が約1.2万IPアドレス。

 またキャラクターやアニメの名前がホスト名として利用されることも多く、ガンダム(gundam)が331IPアドレス、ドラえもん(doraemon)が341IPアドレス、ミッキー(micker)が307IPアドレス、プルート(pluto)が404IPアドレスなど。ユニークなホスト名では、動物名や果物、萌え関連が275IPアドレス、アキバ関連が126IPアドレスあった。

 なお日本国内ホスト名調査リスト2005は、テキストファイル形式にて84万円で販売されている。
《富永ジュン》

特集

page top