マクセル、周囲の騒音を最大約1/10に低減するノイズキャンセリングヘッドホン2機種 | RBB TODAY

マクセル、周囲の騒音を最大約1/10に低減するノイズキャンセリングヘッドホン2機種

IT・デジタル その他

ノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC22」
  • ノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC22」
  • ノイズキャンセリングヘッドホン(カナルタイプ)「HP-NC18」
 日立マクセルは、周囲からの騒音を最大約1/10に低減することで、より静かなリスニング環境を実現するノイズキャンセリングヘッドホン「HP-NC22」を11月25日に、同イヤホン「HP-NC18」を12月上旬にそれぞれ発売する。価格はいずれもオープン。

 HP-NC22/NC18は、内蔵マイクにより検知した周囲の騒音を分析し、その騒音に対する逆位相の音を楽曲音に混合して出力することにより、騒音のみを最大約1/10まで低減する製品。この機能により、電車や飛行機などの乗り物内で必要以上に音量を上げずに静かなリスニング環境を得ることができるという。

 HP-NC22は、臨場感に満ちた迫力の重低音再生を再現する、大口径40mmドライバーユニットや高磁力のネオジウムマグネットを採用した、折りたたみ型のヘッドホン。製品には飛行機などでの旅行時に携帯しやすいキャリングケースが付属する。

 インピーダンスは32Ω、音圧感度は99dB/mW(電源ON時)、再生周波数帯域は20〜20,000Hz、雑音抑圧周波数帯域は60〜520Hzで雑音抑圧量は約22dB以上(200Hzにて)としている。

 HP-NC18は、9mmのドライバーユニットを採用したイヤホンタイプのモデル。インピーダンスは32Ω、音圧感度は105dB/mW(電源ON時)、再生周波数帯域は20〜20,000Hz、雑音抑圧周波数帯域は20〜800Hzで雑音抑圧量は約18dB以上(200Hzにて)としている。

 なお、電源は単4形乾電池1本と共通で、電池持続時間はアルカリ乾電池使用時で約40時間としている。
《村上幸治》

特集

page top