ソニー、2006年度業績見通しを大幅下方修正 バッテリー交換費用などが影響 | RBB TODAY

ソニー、2006年度業績見通しを大幅下方修正 バッテリー交換費用などが影響

IT・デジタル その他

 ソニーは19日、7月27日に発表した2006年度の連結業績見通しを修正すると発表した。

 修正後の見通しでは、営業利益が500億円(7月時点比-62%)となり、そのうち構造改革費用が400億円(同-20%)、税引前利益が700億円(同-53%)、持分法による投資利益が400億円(変更なし)、当期純利益が800億円(同-38%)。なお、売上高および営業収入は8兆2,300億円で変更されなかった。

 今回の業績見通しの修正の原因として、同社製バッテリーパックの自主交換プログラムに約510億円の引き当てを行うことやプレイステーション3の日本市場での価格変更とPSPの販売不振、半導体などのPS3向けデバイスの生産調整による利益の減少を挙げた。また、7月時点と比較して為替レートが円安基調で移行していることや成長分野への人員の再配置が順調に進んで早期退職費用の見通しが低下したことも理由の1つとした。
《富永ジュン》

関連ニュース

特集

page top