ウィルコム、最大204kbpsでの通信が可能な「W-OAM」対応のW-SIMを発売 | RBB TODAY

ウィルコム、最大204kbpsでの通信が可能な「W-OAM」対応のW-SIMを発売

ブロードバンド その他

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は18日、同社の高度化通信規格「W-OAM」に対応した超小型通信モジュール「W-SIM」を12月中旬に発売する予定だと発表した。
  •  ウィルコムおよびウィルコム沖縄は18日、同社の高度化通信規格「W-OAM」に対応した超小型通信モジュール「W-SIM」を12月中旬に発売する予定だと発表した。
 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は18日、同社の高度化通信規格「W-OAM」に対応した超小型通信モジュール「W-SIM」を12月中旬に発売する予定だと発表した。同製品を使うことにより、「WILLCOM SIM STYLE」に対応した各端末で、現在の料金体系と月額料金はそのまま、高速かつ安定した通信サービスが利用できるようになるという。

 今回発売される「W-SIM」はアルテル製「RX420AL」となっており、12月中旬発売予定のWILLCOM SIM STYLEに対応した音声端末「9(nine)」(WS009KE)に同梱発売されるほか、単体での発売も予定されている。

 W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)は、電波の状態に応じて、より高速な変調方式を自動的に選択する通信規格。対応基地局のエリア範囲内で対応W-SIMを用いることで、最大204kbpsでの通信が可能になるほか、電波状態が不安定な場合には安定性の高い通信に切り替わるため電波到達度が向上するという。また、音声通信では、電波状態の変化に伴い最適な電波をキャッチするため、安定した通話を利用できるとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top