ウィルコム、AIR-EDGE初のExpressCardに準拠するW-SIM対応データ通信カード | RBB TODAY

ウィルコム、AIR-EDGE初のExpressCardに準拠するW-SIM対応データ通信カード

ブロードバンド その他

 ウィルコムとウィルコム沖縄は18日、ハギワラシスコム製のデータ通信カード型AIR-EDGE端末「WS008HA」を11月16日に発売すると発表した。
  •  ウィルコムとウィルコム沖縄は18日、ハギワラシスコム製のデータ通信カード型AIR-EDGE端末「WS008HA」を11月16日に発売すると発表した。
 ウィルコムとウィルコム沖縄は18日、ハギワラシスコム製のデータ通信カード型AIR-EDGE端末「WS008HA」を11月16日に発売すると発表した。

 WS008HAは、PCカードの後継規格「ExpressCard/34」に対応したデータ通信カード。同社独自の超小型通信モジュール「W-SIM」を利用する「WILLCOM SIM STYLE」の新ラインナップとなる。カード内に256MBのメモリを搭載し、メモリ内のEasy Setup Toolを利用することでCD-ROMやインターネット接続などを利用することなく本体のみでのセットアップができる。また、12月中旬に発売予定の高度化通信規格「W-OAM」対応のW-SIMも利用可能で、最大204kbpsでのデータ通信ができる。

 対応通信モードは、4x/2xパケット方式、1xパケット方式、フレックスチェンジ方式、64kPIAFS方式、32kPIAFS方式。対応OSは、Windows XP SP2以降とMac OS X 10.4.4〜10.4.8。サイズは34.0×10.4×105.0mm、重量は21.0g(W-SIMをのぞく)。

 「マカフィー・ウィルススキャン」Windows版、「ウイルスバリアX4」Mac版などのソフトウェアがバンドルされる。
《富永ジュン》

特集

page top