NEC、IEEE 802.1Xを搭載した拠点間接続向けのルータ「UNIVERGE IX2005」 | RBB TODAY

NEC、IEEE 802.1Xを搭載した拠点間接続向けのルータ「UNIVERGE IX2005」

エンタープライズ モバイルBIZ

 日本電気(NEC)とNECインフロンティアは6日、端末認証機能「IEEE802.1X」への対応や、最大200Mbpsというスループット性能などを実現した、IPv6対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IX2005」を発表した。出荷開始は11月16日の予定。
  •  日本電気(NEC)とNECインフロンティアは6日、端末認証機能「IEEE802.1X」への対応や、最大200Mbpsというスループット性能などを実現した、IPv6対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IX2005」を発表した。出荷開始は11月16日の予定。
 日本電気(NEC)とNECインフロンティアは6日、端末認証機能「IEEE802.1X」への対応や、最大200Mbpsというスループット性能などを実現した、IPv6対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IX2005」を発表した。出荷開始は11月16日の予定。

 UNIVERGE IX2005は、FTTH回線を活用して本社と支社・支店間を経済的に接続する拠点ルータに最適な製品。現行機種に比べ、容積比で約3分の2に小型化しており、縦置き/横置き/壁掛け設置が可能なため、小規模オフィスでの利用にも適している。

 さらに機能面では、データの暗号化を行う「IPsec機能」や、専用線以外でもレイヤ2のVPNが構築できる「EtherIP機能」を搭載。また、ルータの冗長化を行なうためのプロトコル「VRRP機能」やパケット応答で障害検出をする「ネットワークモニタ機能」、重要な通信の高品質かつ低遅延な配送を実現する「QoS機能」にも対応しており、インターネットVPNだけでなく、広域イーサネットサービスやIP-VPNサービスにも最適だとしている。

 本体サイズは幅135×奥行き196×高さ36mm。ファンレス仕様のため騒音は0dBとしている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top