マランツ、HDMI装備のAVサラウンドアンプや、フルHD・長距離投射対応のDLPプロジェクター | RBB TODAY

マランツ、HDMI装備のAVサラウンドアンプや、フルHD・長距離投射対応のDLPプロジェクター

IT・デジタル その他
SR7001
  • SR7001
 マランツ コンシューマー マーケティングは、HDMI端子を装備したAVサラウンドアンプ「SR7001」を11月上旬に、「SR5001」を10月中旬にそれぞれ発売する。価格はSR7001が141,750円、SR5001が78,750円。

 また、6月に発売したフルHD対応のDLPプロジェクター「VP-11S1」の画質をそのままに、より長距離からの投射に対応したモデル「VP-11S1L」を10月に発売する。価格はオープンで、受注生産品となっている。

 SR7001は、電流帰還アンプを搭載した上位モデルで、HDMI端子を4系統装備するのに加え、アナログ映像入力信号をアップコンバートしてHDMI端子から出力できるのが特徴。さらには、サラウンドスピーカーの設置に役立つ自動音場補正機能も充実しているという。

 SR5001は廉価モデルに相当するもので、HDMI端子を2系統装備するほか、新開発のリモコンを採用し、使いやすさに配慮している。

 VP-11S1Lは、米国でニーズの多い長距離投射に対応する「長焦点レンズ」を搭載したDLPプロジェクター。100インチ(16:9)時の投射距離は約4.7〜7.0mとなっている。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top