ドコモ、FOMAにおいても音声とパケットのトラフィックを分離 | RBB TODAY

ドコモ、FOMAにおいても音声とパケットのトラフィックを分離

ブロードバンド その他

 NTTドコモグループ9社は、FOMAにおいて音声とパケットを分離したネットワークコントロールの運用を8月22日から開始する。災害時などでも、通信手段を確保するのが目的だ。

 これまでのFOMAネットワークでは、音声通話とパケット通信は一緒にコントロールされていた。今回、別々にコントロールが可能になったことで、災害時には音声通話を制限し、パケット通信を優先させメールや災害用伝言板サービスが利用しやすくするといった制御ができる。

 なお、movaにおいては、2004年4月から音声とパケットの分離ネットワークを運用している。

●対応機種
 D902iS、F902iS、N902iS、P902iS、SH902iS
 DOLCE SL、SH702iS、D702iF、N702iS
 P702iD、N902iX HIGH-SPEED
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top