ニコン、中級者向け1,020万画素デジタル一眼レフ「D80」 ガラスペンタプリズム、11点AF、2.5型液晶 | RBB TODAY

ニコン、中級者向け1,020万画素デジタル一眼レフ「D80」 ガラスペンタプリズム、11点AF、2.5型液晶

IT・デジタル デジカメ

D80
  • D80
  • 別売りのマルチパワーバッテリーパック「MB-D80」
 ニコンは、ミドルクラスの1,020万画素デジタル一眼レフカメラ「D80」を9月1日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格はボディ単体が12万円前後。

 また、D80とレンズを組み合わせたレンズキット2種類も同時発売する。「D80 AF-S DX18-135G レンズキット」が16万円前後、「D80 AF-S DX18-70G レンズキット」が15万円前後。

 D80は、有効1,020万画素CCD(23.6×15.8mm)を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。11点測距のAFセンサーモジュール「マルチCAM1000」を採用しており、センサーは中央がクロス、上下2点が横センサー、左右に8点の縦センサーとなっている。

 また写真撮影後に、カメラ内で露出補正「D-ライティング」や、「フィルター効果」「トリミング」などの画像編集を行える。

 シャッター速度は1/4,000〜30秒、フラッシュ同調速度は1/200秒以下。連写機能は毎秒3コマ、連続撮影可能枚数はJPEG(Lサイズ、Normal)撮影時が最大100コマ、RAW撮影時が最大6コマとなる。

 ファインダーには、ガラスペンタプリズムを採用しており、視野率は約95%、ファインダー倍率は約0.94倍。液晶ディスプレイは2.5型の23万画素で、視野角は上下左右170度の広視野角タイプだ。

 撮像感度は、ISO100〜1,600。記録メディアは、SD/SDHCメモリーカードに対応。最大記録解像度は3,872×2,592ピクセルとなる。

 本体サイズは幅132×高さ103×奥行き77mm、重さは約585g。電源にはリチウムイオンバッテリー「EN-EL3e」を採用し、バッテリー寿命は連続撮影の場合で最大約2,700コマ、1コマ撮影の場合で最大約600コマとしている。

 さらに、別売りのマルチパワーバッテリーパック「MB-D80」も用意。MB-D80では、EN-EL3eを1個か2個、または単3形電池6本で使用できる。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top