マイクロソフト、Windows、IE、Office向けなど9件の「緊急」セキュリティパッチなど | RBB TODAY

マイクロソフト、Windows、IE、Office向けなど9件の「緊急」セキュリティパッチなど

エンタープライズ その他

 マイクロソフトは9日、月例のセキュリティアップデートとして、Windowsおよび関連ソフトウェアの脆弱性を回避する修正プログラムをあらたに公開した。今月は深刻度が最上位の「緊急」が9件と、それに次ぐ「重要」が3件と多くのセキュリティ更新プログラムが公開されている。

 今回セキュリティ更新の対象となるソフトは、Windows本体に加え、「Internet Explorer 6」や「Outlook Express 6」、Officeと多岐にわたっているので早急に対応した方がいいだろう。また、office向けの更新プログラムでは今回Macintosh用のものも用意されているので、Macユーザーも確認してほしい。

 なお、これらのアップデートはWindowsだと「Microsoft Update」または「Windows Update」から、Mac OS Xだとソフト内の「Microsoft AutoUpdate」から修正プログラムにより自動適用できるようになっている。

 今回公開されたセキュリティー情報は以下のとおり。

■深刻度:緊急(9件)
●Serverサービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される(921883)
・セキュリティ情報の番号:MS06-040
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000
●DNS解決の脆弱性により、リモートでコードが実行される(920683)
・セキュリティ情報の番号:MS06-041
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000
●Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム(918899)
・セキュリティ情報の番号:MS06-042
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000、Internet Explorer 6/5.01(2000 SP4のみ)
●Windowsの脆弱性により、リモートでコードが実行される(920214)
・セキュリティ情報の番号:MS06-043
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP、Outlook Express 6
●Microsoft管理コンソール(MMC)の脆弱性により、リモートでコードが実行される(917008)
・セキュリティ情報の番号:MS06-044
・影響を受けるソフトウェア:Windows 2000
●HTMLヘルプの脆弱性により、リモートでコードが実行される(922616)
・セキュリティ情報の番号:MS06-046
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000
●Visual Basic for Applications(VBA)の脆弱性により、リモートでコードが実行される(921645)
・セキュリティ情報の番号:MS06-047
・影響を受けるソフトウェア:Office XP(SP3)/Project 2002(SP1)/Visio 2002(SP2)/Office 2000(SP3)/Access 2000 Runtime(SP3)/Project 2000(SR1)/Works Suite 2006〜2004/Visual Basic for Applications SDK 6.4〜6.0
●Microsoft Officeの脆弱性により、リモートでコードが実行される(922968)
・セキュリティ情報の番号:MS06-048
・影響を受けるソフトウェア:Office 2003(SP2/SP1)/Office XP(SP3)/Office 2000(SP3)/Office v. X for Mac/Office 2004 for Mac
●Windowsカーネルの脆弱性により、リモートでコードが実行される(917422)
・セキュリティ情報の番号:MS06-051
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000

■深刻度:重要(3件)
●Windowsエクスプローラの脆弱性により、リモートでコードが実行される(921398)
・セキュリティ情報の番号:MS06-045
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000
●Windowsカーネルの脆弱性により、特権が昇格される(920958)
・セキュリティ情報の番号:MS06-049
・影響を受けるソフトウェア:Windows 2000
●Windowsハイパーリンク オブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される(920670)
・セキュリティ情報の番号:MS06-050
・影響を受けるソフトウェア:Windows Server 2003/XP/2000
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top