松下、光学12倍ズーム搭載の1,010万画素デジカメ「LUMIX DMC-FZ50」 | RBB TODAY

松下、光学12倍ズーム搭載の1,010万画素デジカメ「LUMIX DMC-FZ50」

IT・デジタル デジカメ

LUMIX DMC-FZ50
  • LUMIX DMC-FZ50
  •  松下電器産業は、光学12倍ズーム搭載の1,010万画素デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ50」を8月25日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は73,000円前後。
 松下電器産業は、光学12倍ズーム搭載の1,010万画素デジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ50」を8月25日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は73,000円前後。カラーは、ブラックとチタンシルバーの2種類を用意する。

 DMC-FZ50は、1,010万画素の1/1.8型CCDと光学12倍ズームレンズ(手ブレ補正機構内蔵)を搭載したモデル。レンズ構成は10群14枚で、非球面レンズ3枚とEDレンズ1枚を含む。焦点距離は7.4〜88.8mm、撮像画角は35mm判換算で35〜420mmに相当する。開放F値はF2.8〜3.7。レンズリングにより、マニュアルズームとマニュアルフォーカスが行える。AF測距点は9点。最短撮影可能距離は、ワイド端が30cm、テレ端が2m。マクロ撮影時では、ワイド端で5cm、テレ端が2mとなる。

 画像処理LSIは、「ヴィーナスエンジンIII」を採用。起動時間は0.7秒、レリーズタイムラグは最短で0.009秒を実現しているという。撮像感度はISO100〜1,600、高感度撮影モード時ではISO3,200をサポートした。さらに、FZ50では、カメラが被写体の明るさに加え、被写体の動きを検知し、自動でシャッター速度とISO感度を設定する「インテリジェントISO感度コントロール機能」を装備する。

 ホワイトバランスは、従来の設定のほか、2軸式のホワイトバランス微調整機能を装備。これにより、横軸のアンバーからブルーに加え、縦軸のグリーンからマゼンタまでの補正が行えるようになった。

 液晶ディスプレイは2.0型20.7万画素で、下方向に180度、左右方向に180度回転する。ファインダーは、0.44型23.5万画素の電子ファインダーを採用し、視野率は約100%。内蔵フラッシュは、ポップアップ式。

 記録メディアは、SD/SDHCメモリーカード。最大記録解像度は、静止画が3,648×2,736ピクセル、動画が848×480ピクセル。記録ファイル形式は、静止画がJPEGおよびRAW、動画はMotion JPEG。

 本体サイズは幅131.2×高さ85.5×奥行き142mm、重さは約668g。電源にはリチウムイオンバッテリーを採用し、電池寿命(CIPA規格)は約360枚としている。
《高柳政弘》

特集

page top