大日本印刷、低価格のFeliCa対応デュアルインターフェースカードを開発 | RBB TODAY

大日本印刷、低価格のFeliCa対応デュアルインターフェースカードを開発

ブロードバンド その他

 大日本印刷(以下、DNP)は、1枚のICカードでキャッシュカード、クレジットカード、電子マネー、ポイントサービスの各種機能を利用できる低価格なネイティブ版FeliCa(フェリカ)対応デュアルインターフェースカードを開発した。7月末より金融機関向けに販売を開始する。

 ICキャッシュカード、ICクレジットカードが普及する中で、利用者からは「複数のカードを持ち歩きたくないので一体型カードが欲しい」などのニーズが高まっている。これを受けてDNPは2004年10月に、接触方式のアプリケーションの追加・削除を行うことができる高機能なFeliCa対応デュアルインターフェースカード(JavaCard版)の販売を開始している。

 今回開発した製品は、金融機関で標準的に採用されているICクレジットカード、ICキャッシュカードといった必要最低限の接触方式のアプリケーションを予め搭載した、低価格のネイティブ版となる。非接触方式の電子マネーやポイントサービスなどの機能は、用途に合わせて自由に搭載できる。

 一体型カードとしての基本機能では、VISA、MasterCard、JCBの、いずれかのICクレジットカード機能を利用することができるほか、全国銀行協会の仕様に準拠したICキャッシュカード機能を利用できる。さらにFeliCa OSの非接触ICカードとして、電子マネー「Edy(エディ)」やポイントサービス「FeliCaポケット」などのアプリケーションを利用することができる。

 またデュアルインターフェースカードのため、接触と非接触の両方式で、1つのICチップのメモリーにアクセスでき、例えば、ATMを使用してICキャッシュカードの口座から電子マネーをチャージする、というサービス展開が可能になる。

 さらに今回の製品では、10万枚で約2割程度のコストダウンを実現している。従来のFeliCa対応デュアルインターフェースカードが接触方式のアプリケーションをダウンロードできるJava Card OSを搭載していたのに対して、接触方式のOSを、ICクレジットカード、ICキャッシュカードに限定した専用OS(ネイティブOS)に変更し、より小さいメモリサイズのICチップで対応できるようにしたためだ。

 今回の製品は7月末より金融機関向けに販売を開始する。DNPでは今回の製品について、今年度から3年間で約80億円の売上を見込んでいるとしている。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top