アッカ、モバイルWiMAXの屋外実証実験のための実験用無線局免許を取得、実験を開始 | RBB TODAY

アッカ、モバイルWiMAXの屋外実証実験のための実験用無線局免許を取得、実験を開始

ブロードバンド その他

 アッカ・ネットワークス(以下、アッカ)は、新規ワイヤレスブロードバンド方式の候補のひとつであるIEEE802.16e(通称モバイルWiMAX)の実証実験のための実験用無線局免許を、2006年7月12日に総務省より取得したと発表した。

 モバイルWiMAXは、次世代高速無線通信アクセスとして期待されている技術で、既存の無線技術である3Gや3.5Gに比べてコスト優位性が高く、現在、総務省が検討している次世代無線アクセス技術において2.5GHz帯の周波数割り当ての有力な候補となっている。

 今回、実験用無線局免許を取得したことにより、まずは周辺電界強度特性や伝播スループット測定などの基本特性の実験を開始し、9月からはアプリケーションの実験を開始する予定だという。

 アッカは引き続き、モバイルWiMAXでの周波数獲得を目指すとしている。
《小笠原陽介》

関連ニュース

特集

page top