表参道ヒルズで最新の光体験を!〜フレッツ光ギャラリー in 表参道ヒルズ R-STUDIO | RBB TODAY

表参道ヒルズで最新の光体験を!〜フレッツ光ギャラリー in 表参道ヒルズ R-STUDIO

 NTT東日本 東京支店では、現在もっとも注目を浴びている表参道ヒルズに「フレッツ光ギャラリー」を開設、6月26日〜7月16日の期間、さまざまなプロモーションを展開する。

ブロードバンド その他
フレッツ光を利用する、さまざまなサービスを体感できる
  • フレッツ光を利用する、さまざまなサービスを体感できる
  • キャンペーンガールの2人にフレッツフォン(テレビ電話)を試してもらう
  • フレッツ光体験コーナー「R-STUDIO」は、ヒルズの中でも表参道に面した位置に。明るいブースでひときわ目立つ存在
  • 2台を並べてあるので、すぐにフレッツフォン(テレビ電話)が体験できる
  • PSPへの動画配信サービス「Portable TV」も体験可能
  • フレッツSPOT(無線LAN)を使って、Portable TV動画ダウンロードを体験できる
  • ロケーションフリーシステムも展示
  • 取材陣にまで、元気にフレッツを説明してくれたキャンペーンガールの皆さん
 “情報感度の高い街”表参道。おしゃれな流行のファッションはもちろん、芸能、音楽、アート、ブランド、IT、…とさまざまな「最新」が集まる人気スポットに進化中だ。その中心は、もちろん、同潤会アパート跡地に完成した“表参道ヒルズ”だ。

 NTT東日本 東京支店では、現在もっとも注目を浴びている表参道ヒルズに「フレッツ光ギャラリー」を開設、6月26日〜7月16日の期間、さまざまなプロモーションを展開する。

 表参道ヒルズのやや原宿よりの位置、表参道に面したR-STUDIO。ここが「フレッツ光相談コーナー」となる。現在テレビコマーシャルでもアピール中の「光トリプルプレイ」、つまり「高速インターネット」「電話」「TV・映画」のすべてを体感可能となっている。もちろん、係員にその場で質問・相談して、すぐ加入することもできる環境が出来上がっている。オープン初日にさっそくブースを拝見させていただいた。

 当日の表参道は、梅雨の名残の曇り空。ちょっとアンニュイな午後だったが、R-STUDIOの明るい照明が、ひときわ目立つ存在となっていた。ブースはコンパクトだが、フレッツ・スクウェア、テレビ電話、映像コンテンツのPSPでの視聴、フレッツSPOT、ロケーションフリーシステムなど、フレッツで享受できるサービスが一通りすべて揃っている。

 ブース内にはノートPCが数台配置されており、高速インターネットをその場で体感可能。テレビ電話はフレッツフォンVP1500を2台併置して、友達連れでも体感可能だ。その他には、スカパー!光・4thMEDIA・オンデマンドTVといった、ブロードバンド映像サービスが常時放送されている。いまの時期なので、ワールドカップサッカーの試合が大画面で流れているのが爽快だった。サービス次第で、それこそ24時間サッカー漬けになれるし、見逃した試合を何度でも見直すことができる。そのへんは光ブロードバンドならではの恩恵だろう。

 担当者曰く、「性能とか数値とかではなく、シンプルにわかりやすく、“フレッツでやれること”をプッシュしている」とのこと。確かに、インターネットを感じさせない、コンテンツの楽しさを体感できる品ぞろえだ。特にテレビ電話は、ついハマってしまうほどの面白さ。夏服をヒルズで買った帰りに、彼氏彼女といっしょにちょっと体験、というのもいい感じだ。光ブロードバンドに関する相談はもちろん大歓迎、その他、「かなり素敵なおみやげを用意してお待ちしておりますよ」とのことだった。

 ギャラリーのオープン期間は6月26日〜7月16日で、時間は11時より20時まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top