エフエム東京、「ネット上の大学」として学生向けにSNSをオープン | RBB TODAY

エフエム東京、「ネット上の大学」として学生向けにSNSをオープン

エンタメ その他
 エフエム東京とグループ企業のジグノシステムジャパンは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の「SCHOOL OF LOCK! UNIVERSITY supported by キャンパスGO!GO!」をスタートさせた。

 新サービスは、TOKYO FMの若者番組「SCHOOL OF LOCK!」の高校3年生・大学生リスナーを会員の対象にし、「ネット上の大学」としてリスナー同士の交流を図る。

 番組「SCHOOL OF LOCK!」は、「未来のカギ(LOCK)を握るもうひとつの学校」をコンセプトに、パーソナリティのやましげ校長とやしろ教頭のほか、ゆずや気志團などが「講師」を務めている。

 番組のウェブサイトでは5月中旬から、大学生限定でSNSへの参加申込を受付。申込者から100人が選ばれ、サービス開始と同時に招待メールが送られる。メールを受信したリスナーは情報登録し、大学ごとのコミュニティに登録してマイページをオープン。友人に招待メールを送って会員の輪を広げる。最大5000名まで登録可能だ。

 また7月後半からは特別に高校3年生のリスナーの参加も募集し、彼らが目指す大学の先輩に質問などができるバーチャルなオープンキャンパスを実施する。

 このほか7月10日からは、番組「SCHOOL OF LOCK!」のやましげ校長とやしろ教頭がパーソナリティを務め、週に1回、10分程度のインターネットラジオ番組をオンデマンドで配信する。
《松岡美樹》

関連ニュース

特集

page top