オンキヨー、ViivテクノロジPCと接続すると7.1chのコンテンツも再生できるAVアンプ | RBB TODAY

オンキヨー、ViivテクノロジPCと接続すると7.1chのコンテンツも再生できるAVアンプ

IT・デジタル その他

 オンキヨーは、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備し、Viivテクノロジー搭載PCと接続すればネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生できるAVアンプ「TX-SA604」を7月29日に発売する。価格は84,000円。
  •  オンキヨーは、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備し、Viivテクノロジー搭載PCと接続すればネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生できるAVアンプ「TX-SA604」を7月29日に発売する。価格は84,000円。
  •  オンキヨーは、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備し、Viivテクノロジー搭載PCと接続すればネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生できるAVアンプ「TX-SA604」を7月29日に発売する。価格は84,000円。
  •  オンキヨーは、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備し、Viivテクノロジー搭載PCと接続すればネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生できるAVアンプ「TX-SA604」を7月29日に発売する。価格は84,000円。
 オンキヨーは、次世代のサラウンド環境を見据えた7.1chの音声入力端子を装備し、Viivテクノロジー搭載PCと接続すればネット独自の7.1chコンテンツもハイクオリティに再生できるAVアンプ「TX-SA604」を7月29日に発売する。価格は84,000円。カラーバリエーションとして、ゴールドとシルバーの2種類が用意されている。

 TX-SA604は、専門誌などで高評価を得た「TX-SA603」の後継機種で、音質設計の指針はそのままに原音感のリアリティにあふれた「HD(high definition)サウンド」を追求し、機能やインターフェイスを強化して一層のスケールアップを図った製品。

 インターフェイスには、ハイビジョンテレビなどとデジタル接続できるHDMI端子を装備しているのに加え、コンポジット/Sビデオ/コンポーネント/D端子といったアナログ入力からHDMIへ変換出力できるビデオコンバーターも搭載されている。

 このほか、アンプが自動的にサラウンドスピーカーの設定調整を行う「Audyssey2EQ機能」や、フロントスピーカーのみで臨場感豊かなシアターサウンドが楽しめる「シアターディメンショナル機能」など、AVアンプならではの機能も充実している。

 本体サイズは幅435×高さ174×奥行き377mm、重さは12kg。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top