ビル・ゲイツ氏、08年7月にマイクロソフト経営の第一線から引退予定 | RBB TODAY

ビル・ゲイツ氏、08年7月にマイクロソフト経営の第一線から引退予定

IT・デジタル その他
 米マイクロソフトコーポレーションは6月15日(米国時間)、同社会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのビル・ゲイツ氏が2年の移行期間の後、2008年7月で経営の第一線から離れると発表した。
  •  米マイクロソフトコーポレーションは6月15日(米国時間)、同社会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのビル・ゲイツ氏が2年の移行期間の後、2008年7月で経営の第一線から離れると発表した。
 米マイクロソフトコーポレーションは6月15日(米国時間)、同社会長兼チーフソフトウェアアーキテクトのビル・ゲイツ氏が2年の移行期間の後、2008年7月で経営の第一線から離れると発表した。引退後もゲイツはマイクロソフト会長兼相談役として主要な開発プロジェクトの指導にあたりながら、2000年に創設したビルアンドメリンダゲイツ財団(Bill & Melinda Gates Foundation)で世界の健康と教育の課題に取り組む予定。

 チーフソフトウェアアーキテクトの職位を引き継ぐのは、最高技術責任者のレイ・オジー氏。職位の引き継ぎはただちに行われ、すべてのテクニカルアーキテクチャや製品開発をゲイツ氏と共に監督しながら、職務のスムーズな移行をはかる。また、最高技術責任者のクレイグ・マンディ氏は、あらたに設けられた最高研究戦略責任者(Chief Research and Strategy Officer)の職位に就き、ゲイツ氏との協力の下にマイクロソフトの研究活動や新技術の育成を推進する。また、マンディ氏はゼネラルカウンシルのブラッド・スミス氏と共に知的財産や技術政策にも取り組む。

 オジー氏とマンディしは引き続きゲイツに業務報告を行うが、2年の移行期間中に適切な時期を見てCEO(最高経営責任者)のスティーブ・パルマー氏に報告先を切り替える。
《富永ジュン》

特集

page top