メールマガジンの6割以上が迷惑メールフィルタ誤判定の影響を受けている | RBB TODAY

メールマガジンの6割以上が迷惑メールフィルタ誤判定の影響を受けている

 エイケア・システムズは、ISPやセキュリティソフトの迷惑メールフィルタの誤判定状況についてサンプル調査を行い、6割以上のメールマガジンが誤判定の影響を受けているとの調査結果を発表した。

エンタープライズ その他
 エイケア・システムズは、ISPやセキュリティソフトの迷惑メールフィルタの誤判定状況についてサンプル調査を行い、6割以上のメールマガジンが誤判定の影響を受けているとの調査結果を発表した。

 この調査は、ユーザーによって受信許可された正規のメールマガジンを、迷惑メールと誤判定する「False Positive」問題が日本でどの程度発生しているのかを調べたもの。主要ISPのフィルタリングサービス、メールクライアントのフィルタリング機能などを対象としている。調査結果では、メールマガジンのうち6割以上が迷惑メール、約2割がフィッシングメールと誤判定されていた。ISP別では0〜約5割と誤判定状況にばらつきがあるものの、シェア2割強の大手Webメールサービスで2割以上の誤判定が発生し、大手ECモールのメールマガジンが迷惑メールフォルダに自動分類されることが例として挙げられた。
《富永ジュン》

特集

page top