NTT東、ひかり電話にて着信をメールで知らせるサービスを提供開始 | RBB TODAY

NTT東、ひかり電話にて着信をメールで知らせるサービスを提供開始

ブロードバンド その他
 NTT東日本は、Bフレッツユーザーに提供されているIP電話サービス「ひかり電話」の付加サービスとして、着信情報を登録したメールアドレスに通知する「着信お知らせメール」および「FAXお知らせメール」を6月1日に開始する。月額料金はそれぞれ105円で、利用開始時には申し込みと別途工事費が必要となる。

 着信お知らせメールは、ひかり電話/オフィスタイプに着信があったことをユーザーが設定した携帯電話やPCのメールアドレスに通知するサービス。メールアドレスは最大5件まで登録できるほか、「全ての着信を通知」または「応答できなかった着信のみ通知」の設定が可能。さらに、事前に登録した電話番号からの着信のみ通知することも可能となっている。

 通知される情報は、発信者通知番号、着信日時、着信電話番号、着信状態(通話、応答なし等)、非通知理由(非通知、公衆、表示圏外)、呼び出し時間。

 一方のFAXお知らせメールは、ひかり電話網内でFAXを代行受信し、FAX内容を専用のWebサイトから確認・ダウンロードできるサービス。また、FAX受信情報は着信お知らせメールと同様に最大5件まで登録できるメールアドレスに通知される。このため、外出先などでFAXの内容を確認できるほか、FAX機器がなくてもFAXを受信することが可能となる。なお、FAXお知らせメールに関しては「ボイスワープ」と併用することができないので注意が必要だ。

 さらに、ひかり電話にて時報サービス「117」に6月1日正午より対応する、とあわせて発表されている。通話料金は8.4円/3分(ビジネスタイプ・プラン1のみ6.3円/3分)。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top