セブン&アイ、電子マネー「nanaco(ナナコ)」を2007年春から利用開始 | RBB TODAY

セブン&アイ、電子マネー「nanaco(ナナコ)」を2007年春から利用開始

 セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどを有するセブン&アイ・ホールディングスは、同社独自の電子マネーの名称を「nanaco(ナナコ)」に正式決定し、2007年春から傘下店舗にて順次利用を開始すると発表した。

ブロードバンド その他
 セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどを有するセブン&アイ・ホールディングスは、同社独自の電子マネーの名称を「nanaco(ナナコ)」に正式決定し、2007年春から傘下店舗にて順次利用を開始すると発表した。

 nanacoは、非接触型ICカードを利用したプリペイド方式の電子マネー。第1フェーズとして2007年春より全国11,000店舗以上に及ぶセブン-イレブン全店で発行と利用を開始し、第2フェーズとなる2007年秋にはイトーヨーカドー、セブン&アイホールディングスの各店舗に導入する。セブン&アイ・ホールディングスでは、2007年度中にグループ外のJCB加盟店など10,000店舗、2008年度には約50,000店舗での利用を目指すとした。初年度のnanaco発行枚数は1,000万の予定。

 nanacoの発行はセブン-イレブン店頭で行い、チャージはセブン-イレブンのレジやセブン銀行の新型ATMで24時間365日対応する。利用金額に応じてポイントが貯まり、そのポイントをnanacoに交換できるポイント制を採用し、「アイワイカード」ポイントのnanacoへの交換やグループ外企業、有力企業とのポイント連携も検討されているとした。

 さらに、第1フェーズ展開後なるべく早い時期でFeliCa対応携帯電話での利用を目指すほか、第2フェーズ中には傘下店舗にてJCBのポストペイ式電子マネー「QUICPay」をはじめとする他社電子マネーの利用環境を整えるとした。
《富永ジュン》

特集

page top