パイオニア、自動音場補正技術搭載の5.1chサラウンドシステム「Smart theaterシリーズ」4機種 | RBB TODAY

パイオニア、自動音場補正技術搭載の5.1chサラウンドシステム「Smart theaterシリーズ」4機種

IT・デジタル レコーダー

Smart theater 555(HTZ-555DV)
  • Smart theater 555(HTZ-555DV)
  • Smart theater 707(HTP-S707)
  • Smart theater 353(HTZ-353DV)
  • Smart theater 303(HTP-S303)
 パイオニアは、自動音場補正技術搭載の5.1chサラウンドシステム「Smart theaterシリーズ」4機種を5月下旬に発売する。

 ラインアップは、5.1chアンプ搭載DVDプレーヤーとワイヤレススピーカーなどのセット製品「Smart theater 555」(HTZ-555DV)、5.1chアンプ&FM/AMチューナー搭載サブウーハーとワイヤレススピーカーなどのセット製品「Smart theater 707」(HTP-S707)、5.1chアンプ搭載DVDプレーヤーとサラウンドスピーカー(L/R)などのセット製品「Smart theater 353」(HTZ-353DV)、5.1chアンプ&FM/AMチューナー搭載サブウーハーとサラウンドスピーカー(L/R)などのセット製品「Smart theater 303」(HTP-S303)。

 4製品のシステム構成は、以下のとおり。

 HTZ-555DV(DVDプレーヤー搭載)のシステム構成は、5.1chアンプ搭載DVDプレーヤー、フロントスピーカー(L/R)、センタースピーカー、ワイヤレスリアスピーカー、サブウーハー、リモコン。価格はオープン。

 HTP-S707(DVDプレーヤーなし)のシステム構成:5.1chアンプ&FM/AMチューナー搭載サブウーハー、フロントスピーカー(L/R)、センタースピーカー、ワイヤレスリアスピーカー、トランスミッター、リモコン。価格は94,000円。

 HTZ-353DV(DVDプレーヤー搭載)のシステム構成は、5.1chアンプ搭載DVDプレーヤー、フロントスピーカー(L/R)、センタースピーカー、サラウンドスピーカー(L/R)、サブウーハー、リモコン、フロントサラウンドアタッチメント。価格はオープン。

 HTP-S303(DVDプレーヤーなし)のシステム構成:5.1chアンプ&FM/AMチューナー搭載サブウーハー、フロントスピーカー(L/R)、センタースピーカー、サラウンドスピーカー(L/R)、リモコン、フロントサラウンドアタッチメント。価格はオープン。

 4製品共通の特徴として、同社独自に開発した自動音場補正技術「MCACC(Multi-Channel Acoustic Calibration System)」を採用。また、WMA、MP3、MPEG4 AACなどの音声データに対応し、圧縮・収録時に失われた音楽データを独自のアルゴリズムによって復元し、高音質で再生するという「サウンドレトリバー機能」を備えている。デコーダーは、ドルビーデジタル、ドルビープロロジックII、DTSに加え、MPEG2 AACもサポート。

 そのほか、HTZ-353DVとHTP-S303では、独自のサラウンド技術により、スピーカーを後ろに置かなくても5.1chサラウンドが楽しめる「3スポットフロントサラウンド機能」を装備する。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top