KDDI研究所、デジタルシネマ映像のリアルタイム圧縮をソフトウェアで実現 | RBB TODAY

KDDI研究所、デジタルシネマ映像のリアルタイム圧縮をソフトウェアで実現

エンタープライズ その他

 KDDI研究所は、汎用PC上で動作するソフトウェアにて、デジタルシネマ映像のリアルタイム圧縮を行う技術を開発したと発表した。MPEG-2やH.264など圧縮方式に依存しない、PCを増設することでさまざまな解像度の圧縮が行える、などの特徴がある。

 これまでのデジタルシネマ映像のリアルタイム圧縮は、専用のハードウェアで行っていた。しかし、より高精細な映像への対応、圧縮方式の改良、最新の圧縮方式に対応するには、LSIの開発が必要などさまざまな問題点があった。

 今回開発された技術では、汎用PC上にてソフトウェア処理を行うことでこれらの問題が解決されている。

 高解像度の映像に対応するため、分散処理を採用しているのが特筆すべき点だ。たとえば、2台のPCでハイビジョンクオリティの映像を処理している場合、8台に増やせば解像度が4倍のデジタルシネマ映像の処理が行える。

 今後は、伝送路を含めたトータルシステムの評価や、スーパーハイビジョンなどさらなる高解像度化を目指すとしている。

 なおこの技術開発は、情報通信研究機構から受託した「ソフトウェア符号化に関する研究開発」の一環として行われたものだ。
《安達崇徳》

特集

page top