ソニー、ISO1,000対応の600万画素エントリーデジカメ「サイバーショット DSC-W30」 | RBB TODAY

ソニー、ISO1,000対応の600万画素エントリーデジカメ「サイバーショット DSC-W30」

 ソニーは、エントリーモデルながら600万画素の1/2.5型Super HAD CCDを搭載し、高感度ISO1,000に対応したデジタルカメラ「サイバーショット DSC-W30」を3月10日に発売する。実売予想価格は3万円前後。

IT・デジタル デジカメ
サイバーショット DSC-W30
  • サイバーショット DSC-W30
 ソニーは、エントリーモデルながら600万画素の1/2.5型Super HAD CCDを搭載し、高感度ISO1,000に対応したデジタルカメラ「サイバーショット DSC-W30」を3月10日に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は3万円前後。

 DSC-W30は、600万画素CCDと光学3倍ズームのカールツァイス「バリオ・テッサー」レンズを搭載したエントリークラスのコンパクトデジカメ。ISO1,000相当の高感度撮影に対応することで、手ブレや被写体ブレを防ぐ。

 また、感度が高くなるほど発生しやすいノイズを抑えるために、同社独自の信号処理技術「クリアRAW NR(ノイズリダクション)」を搭載。圧縮前のRAWデータに直接ノイズリダクションをかけることで、カラーノイズや輝度ノイズを低減させ、高感度撮影でも色鮮やかな撮影を実現しているという。

 本体サイズは幅89×高さ59×厚さ20.4〜23mm、重さは撮影時で約153g。付属バッテリーによる連続撮影枚数は約400枚。記録メモリは本体に32Mバイトが搭載されているほか、外部メモリとして「メモリースティック デュオ」および「メモリースティックPRO デュオ」に対応する。
《村上幸治》

関連ニュース

特集

page top