ペンタックス、5点(全クロス)AFセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「*ist DL2」 | RBB TODAY

ペンタックス、5点(全クロス)AFセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「*ist DL2」

IT・デジタル デジカメ

*ist DL2
  • *ist DL2
 ペンタックスは、610万画素CCD搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「*ist DL2」を2月下旬に発売する。価格はオープンで、実売予想価格は6万円前後。

 *ist DL2は、2005年7月に発売した「*ist DL」をベースに、5点ワイドAFセンサー「SAFOX VIII」(すべてクロスセンサー)を新たに採用する。また、8種類(キッズ、ペット、キャンドルライト、美術館、夜景、サーフ&スノー、テキスト、夕景)のシーンモードを追加。

 そのほかのスペックは、*ist DLと同様。最高シャッター速度は1/4,000秒、フラッシュ同調速度は1/180秒以下。連写機能は、約2.8コマ/秒で最大5コマまで(JPEG、S.ファイン設定時)の連続撮影が可能だ。ファインダーにはペンタミラーを採用し、視野率は96%、ファインダー倍率は0.85倍。液晶ディスプレイは、2.5型21万画素となる。


 記録メディアはSDメモリーカードで、最大記録サイズは3,008×2,000ピクセル。撮像感度はISO200〜3,200、レンズマウントはKAFマウントに対応している。

 本体サイズは幅125×高さ92.5×厚さ67mm、重さは470g。電源は、単3形電池×4本またはリチウム電池CR-V3×2本を使用可能だ。CR-V3×2本を使用した場合の撮影可能枚数(CIPA規格)は、フラッシュ発光なしで約850枚、フラッシュ50%発光で約750枚としている。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top