松下、世界最大のPDP工場を兵庫県に建設 | RBB TODAY

松下、世界最大のPDP工場を兵庫県に建設

IT・デジタル テレビ

 松下電器産業と東レは10日、プラズマディスプレイパネル(PDP)の新しい生産拠点として、両社の合弁会社である松下プラズマディスプレイ(MPDP)の第4工場を兵庫県に建設すると発表した。これにより、世界最大の量産体制を構築するとしている。

 新工場は、投資額が1,800億円で、PDPの月産50万台。年産では42型換算で600万台となり、世界最大の量産工場になるという。建設予定地は第3工場(尼崎工場)の隣接地。5月に着工し、2007年7月に第1期の稼動を開始する。フル稼働は、2008年度中を予定している。

 松下は、既存のMPDPの第1・2工場(大阪・茨木市)と第3工場(兵庫・尼崎市)、中国のパナソニックプラズマディスプレイ上海を合わせた計5工場で、2008年度中には月産92万5,000台(年換算1,110万台)の生産体制を構築する。

 松下では、2010年のPDP世界市場を2,500万台に上ると予測しており、1,100万台を超える生産能力により40%以上の生産占有率を獲得することで、引き続き世界ナンバーワンを目指す。
《高柳政弘》

関連ニュース

特集

page top