楽天市場、出店数15,000店舗突破〜約1年で5,000店増加 | RBB TODAY

楽天市場、出店数15,000店舗突破〜約1年で5,000店増加

エンタメ その他

 楽天は、インターネットショッピングモール「楽天市場」の出店数が12月28日に15,000店を突破したと発表した。

 楽天市場は、1997年5月に13店舗でサービスを開始。以降、2001年2月に5,000店舗、2004年10月に10,000店舗を突破、これより1年2か月で5,000店舗増加したことになる。

 同社では、順調な店舗数増加の要因として、プロ野球参入による「楽天市場」の全国的な知名度の向上や、Eコマース参入に対する事業者の意欲の高揚、地方拠点の増加や地域に根ざしたサポート体制の整備などをあげている。

 地域別の出店数では、関東(5,969店)、近畿(3,627店)と大都市圏が上位を占める一方で、過去1年間の出店数成長ランキングでは九州(716店→1,204店・168.16%)、東北(372店→617店・165.86%)、北海道(277店→431店・155.60%)が上位3位を占め、関東(134.29%)は9位、近畿(141.96%)は8位にとどまっている。

 同社では、月商が5億円を超える出店者も出現し、出店者の意識がサイドビジネス的な位置付けから本格的な投資・運営へと大きく変化してきたとしている。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top