「トヨタ、ミュージックプレーヤー」で「若い世代の考えや心をつかむ」 -渡辺社長 | RBB TODAY

「トヨタ、ミュージックプレーヤー」で「若い世代の考えや心をつかむ」 -渡辺社長

IT・デジタル その他

 「トヨタ、ミュージックプレーヤー発売」のディザー広告の正体は、音楽を聞くことに注力した新型のミニバン「bB」だ。
  •  「トヨタ、ミュージックプレーヤー発売」のディザー広告の正体は、音楽を聞くことに注力した新型のミニバン「bB」だ。
  • カーナビ&オーディオ機器
  • iPodも利用できるが、ステレオミニプラグでの接続となる
 「トヨタ、ミュージックプレーヤー発売」のディザー広告の正体は、音楽を聞くことに注力した新型のコンパクト2BOX「bB」だ。

 bBは、2000年2月にデビューした20代男性をターゲットにしたコンパクト2BOX。今回は、「従来よりもさらに、若い世代の考えや心をつかむため、マーケティングや広告も含めて、若い世代のライフスタイルを考えて開発に取り組んで参りました」(取締役社長の渡辺捷昭氏)とするほどのフルモデルチェンジだ。

 特徴的なのは、車内に配置された9つのスピーカーと11のイルミネーション。9つのスピーカーは、音楽を聴くためにもっとも最適な場所に配置されており、11のイルミネーションは音楽に合わせて明滅することで、ライブハウスにいるかのような雰囲気を醸し出すというものだ。

 オーディオCDや、MP3/WMA形式のファイルを記録したCD-Rなども再生できるほか、HDDカーナビへのダビング機能もある。なおiPodなどのポータブルプレイヤーとの接続も可能だが、ステレオミニプラグによるものだ。

 価格は1,344,000円〜で、12月26日より発売されている。
《安達崇徳》

特集

page top