NEC、シングルコア用のコードをマルチコアに対応させる技術を開発 | RBB TODAY

NEC、シングルコア用のコードをマルチコアに対応させる技術を開発

エンタープライズ その他

 日本電気(NEC)は、シングルコア用のコードを変更することなく、自動的にマルチコア/マルチプロセッサ向けに並列処理化する技術を開発した。高機能化と省電力化、低コスト化が必要な情報家電での採用が想定されるという。

 これまで、シングルコア用のコードをマルチプロセッサやマルチコアに対応させるのは、人の手がかかっていた。今回、NECが開発した技術では、シングルコア用のコードにほとんど手を加えることなく、マルチプロセッサやマルチコアによる並列処理化できる。

 同社では例として、これまでシングルプロセッサで動かしていたコードを4プロセッサに最適化させる場合は、4か月間の作業が必要だが、この技術を用いることで、わずか3分で済むとしている。さらに人の手で作業をした場合は1プロセッサの場合と比較すると処理能力は1.95倍の向上にとどまるが、自動並列化の場合は2.83倍になるとしている。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top